アーチネット株式会社

FICの応用化

Target 1 ~遠隔地にてポスター等の印刷が可能~
 デジタルカメラCCD-RAW形式データをFIC圧縮することで編集が容易になり、電送時間が短縮されます。
 画像を劣化させずに任意の縮小及び拡大でサイズに合せた高画像プリントが可能になります。
 
Target 2 ~文化遺産のポータブルサイトからの閲覧~
 国立、私立の博物館や美術館収集品のデジタル化、動画、画像をポータブルサイトから閲覧できるようになります。
 
Target 3 ~携帯電話での活用~
 カメラ付携帯電話から圧縮された高画質写真を送受信し、綺麗なプリント画で認証写真の活用ができます。
 更に低解像度の写真を高画質に補間できます。
 
Target 4
 デジタルカメラのRAW形式データから画質の欠損なく圧縮保存できます。
 又JPEGに圧縮後連鎖的情報の劣化を防ぐことができます。
 
Target 5 ~地図情報のデジタル化~
 入力画像はスキャナ、デジタルカメラ等、ズームアップ機能で詳細を拡大し、全体像はズームイン機能で縮小し頻繁に活用されます。
 又撮り込み時画像のノイズが除去され高精細な画像で扱うことが可能となります。
 ファイルサイズが小さくなるので多量の文章保存に適しています。
 
Target 6
 電子カルテの圧縮保存及び配信、医用画像のノンフィルム化が可能で、中核病院から地域病院や診療所等遠隔地で高精細な医用画像での診断が可能となります。